万葉集149番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集149番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集149番について

歌番号

149番

原文

人者縦|念息登母|玉蘰|影尓所見乍|不所忘鴨

訓読

人はよし思ひやむとも玉葛影に見えつつ忘らえぬかも

かな読み

ひとはよし|おもひやむとも|たまかづら|かげにみえつつ|わすらえぬかも

カタカナ読み

ヒトハヨシ|オモヒヤムトモ|タマカヅラ|カゲニミエツツ|ワスラエヌカモ

ローマ字読み|大文字

HITOHAYOSHI|OMOHIYAMUTOMO|TAMAKAZURA|KAGENIMIETSUTSU|WASURAENUKAMO

ローマ字読み|小文字

hitohayoshi|omohiyamutomo|tamakazura|kagenimietsutsu|wasuraenukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|天智天皇|近江朝挽歌|復活|鎮魂|魂よばひ|大津|滋賀県|地名

校異

特に無し

寛永版本

ひとはよし,[寛]ひとはいさ,
おもひやむとも[寛],
たまかづら,[寛]たまかつら,
かげにみえつつ,[寛]かけにみえつつ,
わすらえぬかも,[寛]わすられぬかも,

巻数

第2巻

作者

倭皇后

タイトルとURLをコピーしました