万葉集219番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集219番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集219番について

歌番号

219番

原文

天數|凡津子之|相日|於保尓見敷者|今叙悔

訓読

そら数ふ大津の子が逢ひし日におほに見しかば今ぞ悔しき

かな読み

そらかぞふ|おほつのこが|あひしひに|おほにみしかば|いまぞくやしき

カタカナ読み

ソラカゾフ|オホツノコガ|アヒシヒニ|オホニミシカバ|イマゾクヤシキ

ローマ字読み|大文字

SORAKAZOFU|OHOTSUNOKOGA|AHISHIHINI|OHONIMISHIKABA|IMAZOKUYASHIKI

ローマ字読み|小文字

sorakazofu|ohotsunokoga|ahishihini|ohonimishikaba|imazokuyashiki

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|吉備津采女|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

そらかぞふ,[寛]あまかそふ,
おほつのこが,[寛]おふしつのこか,
あひしひに,[寛]あひしひを,
おほにみしかば,[寛]おほにみしかは,
いまぞくやしき,[寛]いまそくやしき,

巻数

第2巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました