万葉集129番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集129番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集129番について

歌番号

129番

原文

古之|嫗尓為而也|如此許|戀尓将沈|如手童兒|[戀乎<大>尓忍金手武多和良波乃如]

訓読

古りにし嫗にしてやかくばかり恋に沈まむ手童のごと|[恋をだに忍びかねてむ手童のごと]

かな読み

ふりにし|おみなにしてや|かくばかり|こひにしづまむ|たわらはのごと|[こひをだに|しのびかねてむ|たわらはのごと]

カタカナ読み

フリニシ|オミナニシテヤ|カクバカリ|コヒニシヅマム|タワラハノゴト|[コヒヲダニ|シノビカネテム|タワラハノゴト]

ローマ字読み|大文字

FURINISHI|OMINANISHITEYA|KAKUBAKARI|KOHINISHIZUMAMU|TAWARAHANOGOTO|[KOHIODANI|SHINOBIKANETEMU|TAWARAHANOGOTO]

ローマ字読み|小文字

furinishi|ominanishiteya|kakubakari|kohinishizumamu|tawarahanogoto|[kohiodani|shinobikanetemu|tawarahanogoto]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴宿奈麻呂|大津皇子|山田郎女|恋歌|恋情

校異

伴->津【元】【古】【紀】|大【紀】【温】【矢】太

寛永版本

ふりにし,[寛]いにしへの,
おみなにしてや,[寛]をうなにしてや,
かくばかり,[寛]かくはかり,
こひにしづまむ,[寛]こひにしつまむ,
たわらはのごと,[寛]たたわらはこと,
[こひをだに,
しのびかねてむ,
たわらはのごと]

巻数

第2巻

作者

石川女郎

タイトルとURLをコピーしました