万葉集101番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集101番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集101番について

歌番号

101番

原文

玉葛|實不成樹尓波|千磐破|神曽著常云|不成樹別尓

訓読

玉葛実ならぬ木にはちはやぶる神ぞつくといふならぬ木ごとに

かな読み

たまかづら|みならぬきには|ちはやぶる|かみぞつくといふ|ならぬきごとに

カタカナ読み

タマカヅラ|ミナラヌキニハ|チハヤブル|カミゾツクトイフ|ナラヌキゴトニ

ローマ字読み|大文字

TAMAKAZURA|MINARANUKINIHA|CHIHAYABURU|KAMIZOTSUKUTOIFU|NARANUKIGOTONI

ローマ字読み|小文字

tamakazura|minaranukiniha|chihayaburu|kamizotsukutoifu|naranukigotoni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|巨勢郎女|掛醎合媿歌|植物|比喩

校異

磐【元】【類】盤

寛永版本

たまかづら,[寛]たまかつら,
みならぬきには[寛],
ちはやぶる,[寛]ちはやふる,
かみぞつくといふ,[寛]かそつくとい,
ならぬきごとに,[寛]ならぬきことに,

巻数

第2巻

作者

大伴安麻呂

タイトルとURLをコピーしました