万葉集224番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集224番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集224番について

歌番号

224番

原文

<且>今日々々々|吾待君者|石水之|貝尓|[一云|谷尓]|交而|有登不言八方

訓読

今日今日と我が待つ君は石川の峽に|[一云|谷に]|交りてありといはずやも

かな読み

けふけふと|わがまつきみは|いしかはの|かひに|[たにに]|まじりて|ありといはずやも

カタカナ読み

ケフケフト|ワガマツキミハ|イシカハノ|カヒニ|[タニニ]|マジリテ|アリトイハズヤモ

ローマ字読み|大文字

KEFUKEFUTO|WAGAMATSUKIMIHA|ISHIKAHANO|KAHINI|[TANINI]|MAJIRITE|ARITOIHAZUYAMO

ローマ字読み|小文字

kefukefuto|wagamatsukimiha|ishikahano|kahini|[tanini]|majirite|aritoihazuyamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|柿本人麻呂|臨死|島根|歌語り|地名

校異

旦->且【紀】【細】【温】

寛永版本

けふけふと[寛],
わがまつきみは,[寛]わかまつきみは,
いしかはの[寛],
かひに[寛],
[たにに],
まじりて,[寛]ましりて,
ありといはずやも,[寛]ありといはすやも,

巻数

第2巻

作者

妻依羅娘子

タイトルとURLをコピーしました