万葉集|第2巻の和歌一覧

スポンサーリンク
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集137番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集137番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集137番について歌番号137番原文秋山尓|落黄葉|須臾者|勿散乱曽|妹之将見|訓読秋山に落つる黄葉しましくはな散り乱ひそ妹があたり見む|かな読みあきやまに|おつ...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集122番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集122番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集122番について歌番号122番原文大船之|泊流登麻里能|絶多日二|物念痩奴|人能兒故尓訓読大船の泊つる泊りのたゆたひに物思ひ痩せぬ人の子故にかな読みおほぶねの|...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集138番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集138番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集138番について歌番号138番原文石見之海|津乃浦乎無美|浦無跡|人社見良米|滷無跡|人社見良目|吉咲八師|浦者雖無|縦恵夜思|潟者雖無|勇魚取|海邊乎指而|柔...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集123番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集123番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集123番について歌番号123番原文多氣婆奴礼|多香根者長寸|妹之髪|此来不見尓|掻入津良武香|訓読たけばぬれたかねば長き妹が髪このころ見ぬに掻き入れつらむか|か...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集139番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集139番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集139番について歌番号139番原文石見之海|打歌山乃|木際従|吾振袖乎|妹将見香訓読石見の海打歌の山の木の間より我が振る袖を妹見つらむかかな読みいはみのうみ|う...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集124番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集124番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集124番について歌番号124番原文人皆者|今波長跡|多計登雖言|君之見師髪|乱有等母|訓読人皆は今は長しとたけと言へど君が見し髪乱れたりとも|かな読みひとみなは...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集140番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集140番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集140番について歌番号140番原文勿念跡|君者雖言|相時|何時跡知而加|吾不戀有牟訓読な思ひと君は言へども逢はむ時いつと知りてか我が恋ひずあらむかな読みなおもひ...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集125番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集125番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集125番について歌番号125番原文橘之|蔭履路乃|八衢尓|物乎曽念|妹尓不相而|訓読橘の蔭踏む道の八衢に物をぞ思ふ妹に逢はずして|かな読みたちばなの|かげふむみ...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集126番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集126番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集126番について歌番号126番原文遊士跡|吾者聞流乎|屋戸不借|吾乎還利|於曽能風流士訓読風流士と我れは聞けるをやど貸さず我れを帰せりおその風流士かな読みみやび...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集127番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集127番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集127番について歌番号127番原文遊士尓|吾者有家里|屋戸不借|令還吾曽|風流士者有訓読風流士に我れはありけりやど貸さず帰しし我れぞ風流士にはあるかな読みみやび...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集128番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集128番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集128番について歌番号128番原文吾聞之|耳尓好似|葦若乃|足痛吾勢|勤多扶倍思訓読我が聞きし耳によく似る葦の末の足ひく我が背つとめ給ぶべしかな読みわがききし|...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集129番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集129番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集129番について歌番号129番原文古之|嫗尓為而也|如此許|戀尓将沈|如手童兒|訓読古りにし嫗にしてやかくばかり恋に沈まむ手童のごと|かな読みふりにし|おみなに...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集130番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集130番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集130番について歌番号130番原文丹生乃河|瀬者不渡而|由久遊久登|戀痛吾弟|乞通来祢訓読丹生の川瀬は渡らずてゆくゆくと恋痛し我が背いで通ひ来ねかな読みにふのか...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集99番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集99番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集99番について歌番号99番原文梓弓|都良絃取波氣|引人者|後心乎|知人曽引|訓読梓弓弦緒取りはけ引く人は後の心を知る人ぞ引く|かな読みあづさゆみ|つらをとりはけ|...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集115番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集115番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集115番について歌番号115番原文遺居|戀管不有者|追及武|道之阿廻尓|標結吾勢訓読後れ居て恋ひつつあらずは追ひ及かむ道の隈廻に標結へ我が背かな読みおくれゐて|...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集100番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集100番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集100番について歌番号100番原文東人之|荷向篋乃|荷之緒尓毛|妹情尓|乗尓家留香問|訓読東人の荷前の箱の荷の緒にも妹は心に乗りにけるかも|かな読みあづまひとの...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集116番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集116番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集116番について歌番号116番原文人事乎|繁美許知痛美|己世尓|未渡|朝川渡訓読人言を繁み言痛みおのが世にいまだ渡らぬ朝川渡るかな読みひとごとを|しげみこちたみ...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集101番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集101番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集101番について歌番号101番原文玉葛|實不成樹尓波|千磐破|神曽著常云|不成樹別尓訓読玉葛実ならぬ木にはちはやぶる神ぞつくといふならぬ木ごとにかな読みたまかづ...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集117番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集117番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集117番について歌番号117番原文大夫哉|片戀将為跡|嘆友|鬼乃益卜雄|尚戀二家里訓読ますらをや片恋せむと嘆けども醜のますらをなほ恋ひにけりかな読みますらをや|...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集102番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集102番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集102番について歌番号102番原文玉葛|花耳開而|不成有者|誰戀尓有目|吾孤悲念乎訓読玉葛花のみ咲きてならずあるは誰が恋にあらめ我れ恋ひ思ふをかな読みたまかづら...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集118番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集118番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集118番について歌番号118番原文管|大夫之|戀礼許曽|吾髪結乃|漬而奴礼計礼訓読嘆きつつますらをのこの恋ふれこそ我が髪結ひの漬ちてぬれけれかな読みなげきつつ|...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集103番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集103番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集103番について歌番号103番原文吾里尓|大雪落有|大原乃|古尓之郷尓|落巻者後訓読我が里に大雪降れり大原の古りにし里に降らまくは後かな読みわがさとに|おほゆき...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集119番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集119番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集119番について歌番号119番原文芳野河|逝瀬之早見|須臾毛|不通事無|有巨勢香問訓読吉野川行く瀬の早みしましくも淀むことなくありこせぬかもかな読みよしのかは|...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集104番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集104番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集104番について歌番号104番原文吾岡之|於可美尓言而|令落|雪之摧之|彼所尓塵家武訓読我が岡のおかみに言ひて降らしめし雪のくだけしそこに散りけむかな読みわがを...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集120番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集120番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集120番について歌番号120番原文吾妹兒尓|戀乍不有者|秋芽之|咲而散去流|花尓有猿尾訓読我妹子に恋ひつつあらずは秋萩の咲きて散りぬる花にあらましをかな読みわぎ...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集105番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集105番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集105番について歌番号105番原文吾勢I乎|倭邊遺登|佐夜深而|鷄鳴露尓|吾立所霑之訓読我が背子を大和へ遣るとさ夜更けて暁露に我れ立ち濡れしかな読みわがせこを|...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集121番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集121番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集121番について歌番号121番原文暮去者|塩満来奈武|住吉乃|淺鹿乃浦尓|玉藻苅手名訓読夕さらば潮満ち来なむ住吉の浅香の浦に玉藻刈りてなかな読みゆふさらば|しほ...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集106番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集106番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集106番について歌番号106番原文二人行杼|去過難寸|秋山乎|如何君之|獨越武訓読ふたり行けど行き過ぎかたき秋山をいかにか君がひとり越ゆらむかな読みふたりゆけど...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集107番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集107番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集107番について歌番号107番原文足日木乃|山之四付二|妹待跡|吾立所|山之四附二訓読あしひきの山のしづくに妹待つと我れ立ち濡れぬ山のしづくにかな読みあしひきの...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集108番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集108番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集108番について歌番号108番原文吾乎待跡|君之計武|足日木能|山之四附二|成益物乎訓読我を待つと君が濡れけむあしひきの山のしづくにならましものをかな読みあをま...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集109番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集109番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集109番について歌番号109番原文大船之|津守之占尓|将告登波|益為尓知而|我二人宿之訓読大船の津守が占に告らむとはまさしに知りて我がふたり寝しかな読みおほぶね...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集110番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集110番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集110番について歌番号110番原文大名兒|彼方野邊尓|苅草乃|束之間毛|吾忘目八訓読大名児を彼方野辺に刈る草の束の間も我れ忘れめやかな読みおほなこを|をちかたの...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集111番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集111番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集111番について歌番号111番原文古尓|戀流鳥鴨|弓絃葉乃|三井能上従|遊久訓読いにしへに恋ふる鳥かも弓絃葉の御井の上より鳴き渡り行くかな読みいにしへに|こふる...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集112番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集112番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集112番について歌番号112番原文古尓|戀良武鳥者|霍公鳥|盖哉鳴之|吾流騰訓読いにしへに恋ふらむ鳥は霍公鳥けだしや鳴きし我が念へるごとかな読みいにしへに|こふ...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集113番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集113番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集113番について歌番号113番原文三吉野乃|玉松之枝者|波思吉香聞|君之御言乎|持而加欲波久訓読み吉野の玉松が枝ははしきかも君が御言を持ちて通はくかな読みみよし...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集98番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集98番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集98番について歌番号98番原文梓弓|引者随意|依目友|後心乎|知勝奴鴨|訓読梓弓引かばまにまに寄らめども後の心を知りかてぬかも|かな読みあづさゆみ|ひかばまにまに...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集114番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集114番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集114番について歌番号114番原文秋田之|穂向乃所縁|異所縁|君尓因奈名|事痛有登母訓読秋の田の穂向きの寄れる片寄りに君に寄りなな言痛くありともかな読みあきのた...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集85番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集85番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集85番について歌番号85番原文君之行|氣長成奴|山多都祢|迎加将行|可将待訓読君が行き日長くなりぬ山尋ね迎へか行かむ待ちにか待たむかな読みきみがゆき|けながくなり...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集86番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集86番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集86番について歌番号86番原文如此許|戀乍不有者|高山之|磐根四巻手|死奈麻死物訓読かくばかり恋ひつつあらずは高山の磐根しまきて死なましものをかな読みかくばかり|...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集87番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集87番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集87番について歌番号87番原文在管裳|君乎者将待|打靡|吾黒髪尓|霜乃置萬代日訓読ありつつも君をば待たむうち靡く我が黒髪に霜の置くまでにかな読みありつつも|きみを...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集88番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集88番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集88番について歌番号88番原文秋田之|穂上尓霧相|朝霞|何時邊乃方二|我戀将息訓読秋の田の穂の上に霧らふ朝霞いつへの方に我が恋やまむかな読みあきのたの|ほのへにき...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集89番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集89番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集89番について歌番号89番原文居明而|君乎者将待|奴婆珠|吾黒髪尓|霜者零騰文訓読居明かして君をば待たむぬばたまの我が黒髪に霜は降るともかな読みゐあかして|きみを...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集90番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集90番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集90番について歌番号90番原文君之行|氣長久成奴|山多豆乃|迎乎将徃|待尓者不待訓読君が行き日長くなりぬ山たづの迎へを行かむ待つには待たじかな読みきみがゆき|けな...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集91番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集91番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集91番について歌番号91番原文妹之家毛|継而見麻思乎|山跡有|大嶋嶺尓|家母有猿尾||訓読妹が家も継ぎて見ましを大和なる大島の嶺に家もあらましを||かな読みいもが...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集92番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集92番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集92番について歌番号92番原文秋山之|樹下隠|逝水乃|吾許曽益目|御念従者訓読秋山の木の下隠り行く水の我れこそ益さめ御思ひよりはかな読みあきやまの|このしたがくり...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集93番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集93番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集93番について歌番号93番原文玉匣|覆乎安美|開而行者|君名者雖有|吾名之惜訓読玉櫛笥覆ふを安み明けていなば君が名はあれど吾が名し惜しもかな読みたまくしげ|おほふ...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集94番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集94番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集94番について歌番号94番原文玉匣|将見圓山乃|狭名葛|佐不寐者遂尓|有勝麻之|訓読玉櫛笥みむろの山のさな葛さ寝ずはつひに有りかつましじ|かな読みたまくしげ|みむ...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集95番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集95番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集95番について歌番号95番原文吾者毛也|安見兒得有|皆人乃|得難尓為云|安見兒衣多利訓読我れはもや安見児得たり皆人の得かてにすとふ安見児得たりかな読みわれはもや|...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集96番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集96番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集96番について歌番号96番原文水薦苅|信濃乃真弓|吾引者|宇真人備而|不欲常将言可聞|訓読み薦刈る信濃の真弓我が引かば貴人さびていなと言はむかも|かな読みみこもか...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集97番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集97番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集97番について歌番号97番原文三薦苅|信濃乃真弓|不引為而|強留行事乎|知跡言莫君二|訓読み薦刈る信濃の真弓引かずして強ひさるわざを知ると言はなくに|かな読みみこ...
タイトルとURLをコピーしました