万葉集123番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集123番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集123番について

歌番号

123番

原文

多氣婆奴礼|多香根者長寸|妹之髪|此来不見尓|掻入津良武香|[三方沙弥]

訓読

たけばぬれたかねば長き妹が髪このころ見ぬに掻き入れつらむか|[三方沙弥]

かな読み

たけばぬれ|たかねばながき|いもがかみ|このころみぬに|かきいれつらむか

カタカナ読み

タケバヌレ|タカネバナガキ|イモガカミ|コノコロミヌニ|カキイレツラムカ

ローマ字読み|大文字

TAKEBANURE|TAKANEBANAGAKI|IMOGAKAMI|KONOKOROMINUNI|KAKIIRETSURAMUKA

ローマ字読み|小文字

takebanure|takanebanagaki|imogakami|konokorominuni|kakiiretsuramuka

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|園臣生羽女|恋歌|心配

校異

特に無し

寛永版本

たけばぬれ,[寛]たけはぬれ,
たかねばながき,[寛]たかねはなかき,
いもがかみ,[寛]いもかかみ,
このころみぬに[寛],
かきいれつらむか,[寛]みたりつらむか,

巻数

第2巻

作者

三方沙弥

タイトルとURLをコピーしました