万葉集165番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集165番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集165番について

歌番号

165番

原文

宇都曽見乃|人尓有吾哉|従明日者|二上山乎|弟世登吾将見

訓読

うつそみの人にある我れや明日よりは二上山を弟背と我が見む

かな読み

うつそみの|ひとにあるわれや|あすよりは|ふたかみやまを|いろせとわがみむ

カタカナ読み

ウツソミノ|ヒトニアルワレヤ|アスヨリハ|フタカミヤマヲ|イロセトワガミム

ローマ字読み|大文字

UTSUSOMINO|HITONIARUWAREYA|ASUYORIHA|FUTAKAMIYAMAO|IROSETOWAGAMIMU

ローマ字読み|小文字

utsusomino|hitoniaruwareya|asuyoriha|futakamiyamao|irosetowagamimu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|大津皇子|歌語り|哀悼|二上山|飛鳥|地名|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

うつそみの[寛],
ひとにあるわれや[寛],
あすよりは[寛],
ふたかみやまを[寛],
いろせとわがみむ,[寛]いろせとわれみむ,

巻数

第2巻

作者

大伯皇女

タイトルとURLをコピーしました