万葉集92番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集92番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集92番について

歌番号

92番

原文

秋山之|樹下隠|逝水乃|吾許曽益目|御念従者

訓読

秋山の木の下隠り行く水の我れこそ益さめ御思ひよりは

かな読み

あきやまの|このしたがくり|ゆくみづの|われこそまさめ|みおもひよりは

カタカナ読み

アキヤマノ|コノシタガクリ|ユクミヅノ|ワレコソマサメ|ミオモヒヨリハ

ローマ字読み|大文字

AKIYAMANO|KONOSHITAGAKURI|YUKUMIZUNO|WAREKOSOMASAME|MIOMOHIYORIHA

ローマ字読み|小文字

akiyamano|konoshitagakuri|yukumizuno|warekosomasame|miomohiyoriha

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|和|天智|贈答|歌垣|奈良|女歌

校異

特に無し

寛永版本

あきやまの[寛],
このしたがくり,[寛]このしたかくれ,
ゆくみづの,[寛]ゆくみつの,
われこそまさめ[寛],
みおもひよりは[寛],

巻数

第2巻

作者

鏡王女

タイトルとURLをコピーしました