万葉集175番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集175番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集175番について

歌番号

175番

原文

夢尓谷|不見在之物乎|欝悒|宮出毛為鹿|佐日之<隈>廻乎

訓読

夢にだに見ずありしものをおほほしく宮出もするかさ桧の隈廻を

かな読み

いめにだに|みずありしものを|おほほしく|みやでもするか|さひのくまみを

カタカナ読み

イメニダニ|ミズアリシモノヲ|オホホシク|ミヤデモスルカ|サヒノクマミヲ

ローマ字読み|大文字

IMENIDANI|MIZUARISHIMONO|OHOHOSHIKU|MIYADEMOSURUKA|SAHINOKUMAMIO

ローマ字読み|小文字

imenidani|mizuarishimono|ohohoshiku|miyademosuruka|sahinokumamio

左注|左註

右日本紀曰|三年己丑夏四月癸未朔乙未薨

事項|分類・ジャンル

挽歌|草壁皇子|柿本人麻呂|島嬥宮|殯宮挽歌|飛鳥|地名

校異

隅->隈【金】【紀】

寛永版本

いめにだに,[寛]ゆめにたに,
みずありしものを,[寛]みさりしものを,
おほほしく,[寛]おほつかな,
みやでもするか,[寛]みやいてもすか,
さひのくまみを,[寛]さひのくまわを,

巻数

第2巻

作者

舎人

タイトルとURLをコピーしました