万葉集155番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集155番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集155番について

歌番号

155番

原文

八隅知之|和期大王之|恐也|御陵奉仕流|山科乃|鏡山尓|夜者毛|夜之盡|晝者母|日之盡|哭耳<呼>|泣乍在而哉|百礒城乃|大宮人者|去別南

訓読

やすみしし|我ご大君の|畏きや|御陵仕ふる|山科の|鏡の山に|夜はも|夜のことごと|昼はも|日のことごと|哭のみを|泣きつつありてや|ももしきの|大宮人は|行き別れなむ

かな読み

やすみしし|わごおほきみの|かしこきや|みはかつかふる|やましなの|かがみのやまに|よるはも|よのことごと|ひるはも|ひのことごと|ねのみを|なきつつありてや|ももしきの|おほみやひとは|ゆきわかれなむ

カタカナ読み

ヤスミシシ|ワゴオホキミノ|カシコキヤ|ミハカツカフル|ヤマシナノ|カガミノヤマニ|ヨルハモ|ヨノコトゴト|ヒルハモ|ヒノコトゴト|ネノミヲ|ナキツツアリテヤ|モモシキノ|オホミヤヒトハ|ユキワカレナム

ローマ字読み|大文字

YASUMISHISHI|WAGOHOKIMINO|KASHIKOKIYA|MIHAKATSUKAFURU|YAMASHINANO|KAGAMINOYAMANI|YORUHAMO|YONOKOTOGOTO|HIRUHAMO|HINOKOTOGOTO|NENOMIO|NAKITSUTSUARITEYA|MOMOSHIKINO|OHOMIYAHITOHA|YUKIWAKARENAMU

ローマ字読み|小文字

yasumishishi|wagohokimino|kashikokiya|mihakatsukafuru|yamashinano|kagaminoyamani|yoruhamo|yonokotogoto|hiruhamo|hinokotogoto|nenomio|nakitsutsuariteya|momoshikino|ohomiyahitoha|yukiwakarenamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|天智天皇|殯宮|京都|大津|滋賀県|地名

校異

乎->呼【金】【類】【紀】

寛永版本

やすみしし[寛],
わごおほきみの,[寛]わかおほきみの,
かしこきや,[寛]かしこみや,
みはかつかふる,[寛]みはかつかへる,
やましなの[寛],
かがみのやまに,[寛]かかみのやまに,
よるはも[寛],
よのことごと,[寛]よのつき,
ひるはも[寛],
ひのことごと,[寛]ひのつき,
ねのみを,[寛]ねにのみを,
なきつつありてや,[寛]なつつありてや,
ももしきの[寛],
おほみやひとは[寛],
ゆきわかれなむ[寛],

巻数

第2巻

作者

額田王

タイトルとURLをコピーしました