万葉集137番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集137番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集137番について

歌番号

137番

原文

秋山尓|落黄葉|須臾者|勿散乱曽|妹之<當>将見|[一云|知里勿乱曽]

訓読

秋山に落つる黄葉しましくはな散り乱ひそ妹があたり見む|[一云|散りな乱ひそ]

かな読み

あきやまに|おつるもみちば|しましくは|なちりまがひそ|いもがあたりみむ|[ちりなまがひそ]

カタカナ読み

アキヤマニ|オツルモミチバ|シマシクハ|ナチリマガヒソ|イモガアタリミム|[チリナマガヒソ]

ローマ字読み|大文字

AKIYAMANI|OTSURUMOMICHIBA|SHIMASHIKUHA|NACHIRIMAGAHISO|IMOGAATARIMIMU|[CHIRINAMAGAHISO]

ローマ字読み|小文字

akiyamani|otsurumomichiba|shimashikuha|nachirimagahiso|imogaatarimimu|[chirinamagahiso]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|依羅娘子|離別|石見相聞歌|上京|地方官|島根|植物|悲別

校異

雷->當【元】【類】

寛永版本

あきやまに[寛],
おつるもみちば,[寛]おつるもみちは,
しましくは,[寛]しはらくは,
なちりまがひそ,[寛]なちりみたれそ,
いもがあたりみむ,[寛]いもかあたりみむ,
[ちりなまがひそ]

巻数

第2巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました