万葉集213番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集213番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集213番について

歌番号

213番

原文

宇都曽臣等|念之時|携手|吾二見之|出立|百兄槻木|虚知期知尓|枝刺有如|春葉|茂如|念有之|妹庭雖在|恃有之|妹庭雖在|世中|背不得者|香切火之|燎流荒野尓|白栲|天領巾隠|鳥自物|朝立伊行而|入日成|隠西加婆|吾妹子之|形見尓置有|緑兒之|乞哭別|取委|物之無者|男自物|腋挾持|吾妹子與|二吾宿之|枕附|嬬屋内尓|<日>者|浦不怜晩之|夜者|息<衝>明之|雖嘆|為便不知|雖戀|相縁無|大鳥|羽易山尓|汝戀|妹座等|人云者|石根割見而|奈積来之|好雲叙無|宇都曽臣|念之妹我|灰而座者

訓読

うつそみと|思ひし時に|たづさはり|我がふたり見し|出立の|百枝槻の木|こちごちに|枝させるごと|春の葉の|茂きがごとく|思へりし|妹にはあれど|頼めりし|妹にはあれど|世間を|背きしえねば|かぎるひの|燃ゆる荒野に|白栲の|天領巾隠り|鳥じもの|朝立ちい行きて|入日なす|隠りにしかば|我妹子が|形見に置ける|みどり子の|乞ひ泣くごとに|取り与ふ|物しなければ|男じもの|脇ばさみ持ち|我妹子と|二人我が寝し|枕付く|妻屋のうちに|昼は|うらさび暮らし|夜は|息づき明かし|嘆けども|為むすべ知らに|恋ふれども|逢ふよしをなみ|大鳥の|羽がひの山に|汝が恋ふる|妹はいますと|人の言へば|岩根さくみて|なづみ来し|よけくもぞなき|うつそみと|思ひし妹が|灰にてませば

かな読み

うつそみと|おもひしときに|たづさはり|わがふたりみし|いでたちの|ももえつきのき|こちごちに|えださせるごと|はるのはの|しげきがごとく|おもへりし|いもにはあれど|たのめりし|いもにはあれど|よのなかを|そむきしえねば|かぎるひの|もゆるあらのに|しろたへの|あまひれがくり|とりじもの|あさだちいゆきて|いりひなす|かくりにしかば|わぎもこが|かたみにおける|みどりこの|こひなくごとに|とりあたふ|ものしなければ|をとこじもの|わきばさみもち|わぎもこと|ふたりわがねし|まくらづく|つまやのうちに|ひるは|うらさびくらし|よるは|いきづきあかし|なげけども|せむすべしらに|こふれども|あふよしをなみ|おほとりの|はがひのやまに|ながこふる|いもはいますと|ひとのいへば|いはねさくみて|なづみこし|よけくもぞなき|うつそみと|おもひしいもが|はひにてませば

カタカナ読み

ウツソミト|オモヒシトキニ|タヅサハリ|ワガフタリミシ|イデタチノ|モモエツキノキ|コチゴチニ|エダサセルゴト|ハルノハノ|シゲキガゴトク|オモヘリシ|イモニハアレド|タノメリシ|イモニハアレド|ヨノナカヲ|ソムキシエネバ|カギルヒノ|モユルアラノニ|シロタヘノ|アマヒレガクリ|トリジモノ|アサダチイユキテ|イリヒナス|カクリニシカバ|ワギモコガ|カタミニオケル|ミドリコノ|コヒナクゴトニ|トリアタフ|モノシナケレバ|ヲトコジモノ|ワキバサミモチ|ワギモコト|フタリワガネシ|マクラヅク|ツマヤノウチニ|ヒルハ|ウラサビクラシ|ヨルハ|イキヅキアカシ|ナゲケドモ|セムスベシラニ|コフレドモ|アフヨシヲナミ|オホトリノ|ハガヒノヤマニ|ナガコフル|イモハイマスト|ヒトノイヘバ|イハネサクミテ|ナヅミコシ|ヨケクモゾナキ|ウツソミト|オモヒシイモガ|ハヒニテマセバ

ローマ字読み|大文字

UTSUSOMITO|OMOHISHITOKINI|TAZUSAHARI|WAGAFUTARIMISHI|IDETACHINO|MOMOETSUKINOKI|KOCHIGOCHINI|EDASASERUGOTO|HARUNOHANO|SHIGEKIGAGOTOKU|OMOHERISHI|IMONIHAAREDO|TANOMERISHI|IMONIHAAREDO|YONONAKAO|SOMUKISHIENEBA|KAGIRUHINO|MOYURUARANONI|SHIROTAHENO|AMAHIREGAKURI|TORIJIMONO|ASADACHIIYUKITE|IRIHINASU|KAKURINISHIKABA|WAGIMOKOGA|KATAMINIOKERU|MIDORIKONO|KOHINAKUGOTONI|TORIATAFU|MONOSHINAKEREBA|OTOKOJIMONO|WAKIBASAMIMOCHI|WAGIMOKOTO|FUTARIWAGANESHI|MAKURAZUKU|TSUMAYANOCHINI|HIRUHA|URASABIKURASHI|YORUHA|IKIZUKIAKASHI|NAGEKEDOMO|SEMUSUBESHIRANI|KOFUREDOMO|AFUYOSHIONAMI|OHOTORINO|HAGAHINOYAMANI|NAGAKOFURU|IMOHAIMASUTO|HITONOIHEBA|IHANESAKUMITE|NAZUMIKOSHI|YOKEKUMOZONAKI|UTSUSOMITO|OMOHISHIIMOGA|HAHINITEMASEBA

ローマ字読み|小文字

utsusomito|omohishitokini|tazusahari|wagafutarimishi|idetachino|momoetsukinoki|kochigochini|edasaserugoto|harunohano|shigekigagotoku|omoherishi|imonihaaredo|tanomerishi|imonihaaredo|yononakao|somukishieneba|kagiruhino|moyuruaranoni|shirotaheno|amahiregakuri|torijimono|asadachiiyukite|irihinasu|kakurinishikaba|wagimokoga|kataminiokeru|midorikono|kohinakugotoni|toriatafu|monoshinakereba|otokojimono|wakibasamimochi|wagimokoto|futariwaganeshi|makurazuku|tsumayanochini|hiruha|urasabikurashi|yoruha|ikizukiakashi|nagekedomo|semusubeshirani|kofuredomo|afuyoshionami|ohotorino|hagahinoyamani|nagakofuru|imohaimasuto|hitonoiheba|ihanesakumite|nazumikoshi|yokekumozonaki|utsusomito|omohishiimoga|hahinitemaseba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|妻|異伝|亡妻挽歌|枕詞

校異

兄【金】【類】足|妹【金】【類】【紀】姉|且->日【金】【類】|衡->衝【金】【類】【紀】|戀【金】【類】(塙)眷

寛永版本

うつそみと[寛],
おもひしときに[寛],
たづさはり,[寛]たつさへて,
わがふたりみし,[寛]わかふたりみし,
いでたちの,[寛]いてたてる,
ももえつきのき[寛],
こちごちに,[寛]かちこちに,
えださせるごと,[寛]えたさせること,
はるのはの[寛],
しげきがごとく,[寛]しけれるかこと,
おもへりし[寛],
いもにはあれど,[寛]いもにはあれと,
たのめりし[寛],
いもにはあれど,[寛]いもにはあれと,
よのなかを[寛],
そむきしえねば,[寛]そむきしえねは,
かぎるひの,[寛]かけろふの,
もゆるあらのに[寛],
しろたへの[寛],
あまひれがくり,[寛]あまひれこもり,
とりじもの,[寛]とりしもの,
あさだちいゆきて,[寛]あさたちいゆきて,
いりひなす[寛],
かくりにしかば,[寛]かくれにしかは,
わぎもこが,[寛]わきもこか,
かたみにおける[寛],
みどりこの,[寛]みとりこの,
こひなくごとに,[寛]こひなくことに,
とりあたふ,[寛]とりまかす,
ものしなければ,[寛]ものしなけれは,
をとこじもの,[寛]をのこしも,
わきばさみもち,[寛]わきはさみもち,
わぎもこと,[寛]わきもこと,
ふたりわがねし,[寛]ふたりわかねし,
まくらづく,[寛]まくらつく,
つまやのうちに[寛],
ひるは[寛],
うらさびくらし,[寛]うらふれくらし,
よるは[寛],
いきづきあかし,[寛]いきつきあかし,
なげけども,[寛]なけけとも,
せむすべしらに,[寛]せむすへしらす,
こふれども,[寛]こふれとも,
あふよしをなみ,[寛]あふよしもなみ,
おほとりの[寛],
はがひのやまに,[寛]はかへのやまに,
ながこふる,[寛]なかこふる,
いもはいますと[寛],
ひとのいへば,[寛]ひとのいへは,
いはねさくみて[寛],
なづみこし,[寛]なつみこし,
よけくもぞなき,[寛]よけくもそなき,
うつそみと,[寛]うそつみと,
おもひしいもが,[寛]おもひしいもか,
はひにてませば,[寛]はひにてませは,

巻数

第2巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました