万葉集114番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集114番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集114番について

歌番号

114番

原文

秋田之|穂向乃所縁|異所縁|君尓因奈名|事痛有登母

訓読

秋の田の穂向きの寄れる片寄りに君に寄りなな言痛くありとも

かな読み

あきのたの|ほむきのよれる|かたよりに|きみによりなな|こちたくありとも

カタカナ読み

アキノタノ|ホムキノヨレル|カタヨリニ|キミニヨリナナ|コチタクアリトモ

ローマ字読み|大文字

AKINOTANO|HOMUKINOYORERU|KATAYORINI|KIMINIYORINANA|KOCHITAKUARITOMO

ローマ字読み|小文字

akinotano|homukinoyoreru|katayorini|kiminiyorinana|kochitakuaritomo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|穂積皇子|恋愛|歌語り|高市皇子|植物

校異

特に無し

寛永版本

あきのたの[寛],
ほむきのよれる,[寛]ほむけのよする,
かたよりに[寛],
きみによりなな[寛],
こちたくありとも,[寛]こなたかりとも,

巻数

第2巻

作者

但馬皇女

タイトルとURLをコピーしました