万葉集115番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集115番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集115番について

歌番号

115番

原文

遺居<而>|戀管不有者|追及武|道之阿廻尓|標結吾勢

訓読

後れ居て恋ひつつあらずは追ひ及かむ道の隈廻に標結へ我が背

かな読み

おくれゐて|こひつつあらずは|おひしかむ|みちのくまみに|しめゆへわがせ

カタカナ読み

オクレヰテ|コヒツツアラズハ|オヒシカム|ミチノクマミニ|シメユヘワガセ

ローマ字読み|大文字

OKUREITE|KOHITSUTSUARAZUHA|OHISHIKAMU|MICHINOKUMAMINI|SHIMEYUHEWAGASE

ローマ字読み|小文字

okureite|kohitsutsuarazuha|ohishikamu|michinokumamini|shimeyuhewagase

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|穂積皇子|恋愛|歌語り

校異

与->而【元】【類】【紀】

寛永版本

おくれゐて[寛],
こひつつあらずは,[寛]こひつつあらすは,
おひしかむ,[寛]おひゆかむ,
みちのくまみに,[寛]みちのくまわに,
しめゆへわがせ,[寛]しめゆへわかせ,

巻数

第2巻

作者

但馬皇女

タイトルとURLをコピーしました