万葉集127番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集127番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集127番について

歌番号

127番

原文

遊士尓|吾者有家里|屋戸不借|令還吾曽|風流士者有

訓読

風流士に我れはありけりやど貸さず帰しし我れぞ風流士にはある

かな読み

みやびをに|われはありけり|やどかさず|かへししわれぞ|みやびをにはある

カタカナ読み

ミヤビヲニ|ワレハアリケリ|ヤドカサズ|カヘシシワレゾ|ミヤビヲニハアル

ローマ字読み|大文字

MIYABIONI|WAREHAARIKERI|YADOKASAZU|KAHESHISHIWAREZO|MIYABIONIHAARU

ローマ字読み|小文字

miyabioni|warehaarikeri|yadokasazu|kaheshishiwarezo|miyabionihaaru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|石川女郎|贈答|掛醎合媿|歌語り

校異

特に無し

寛永版本

みやびをに,[寛]たはれをに,
われはありけり,[寛]われはありなり,
やどかさず,[寛]やとかさす,
かへししわれぞ,[寛]かへせるわれそ,
みやびをにはある,[寛]たはれをにある,

巻数

第2巻

作者

大伴田主

タイトルとURLをコピーしました