万葉集211番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集211番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集211番について

歌番号

211番

原文

去年見而之|秋乃月夜者|雖照|相見之妹者|弥年放

訓読

去年見てし秋の月夜は照らせれど相見し妹はいや年離る

かな読み

こぞみてし|あきのつくよは|てらせれど|あひみしいもは|いやとしさかる

カタカナ読み

コゾミテシ|アキノツクヨハ|テラセレド|アヒミシイモハ|イヤトシサカル

ローマ字読み|大文字

KOZOMITESHI|AKINOTSUKUYOHA|TERASEREDO|AHIMISHIIMOHA|IYATOSHISAKARU

ローマ字読み|小文字

kozomiteshi|akinotsukuyoha|teraseredo|ahimishiimoha|iyatoshisakaru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|妻|亡妻挽歌

校異

特に無し

寛永版本

こぞみてし,[寛]こそみてし,
あきのつくよは,[寛]あきのつきよは,
てらせれど,[寛]てらせとも,
あひみしいもは[寛],
いやとしさかる[寛],

巻数

第2巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました