万葉集94番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集94番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集94番について

歌番号

94番

原文

玉匣|将見圓山乃|狭名葛|佐不寐者遂尓|有勝麻之<自>|[玉匣|三室戸山乃]

訓読

玉櫛笥みむろの山のさな葛さ寝ずはつひに有りかつましじ|[玉くしげ三室戸山の]

かな読み

たまくしげ|みむろのやまの|さなかづら|さねずはつひに|ありかつましじ|[たまくしげ|みむろとやまの]

カタカナ読み

タマクシゲ|ミムロノヤマノ|サナカヅラ|サネズハツヒニ|アリカツマシジ|[タマクシゲ|ミムロトヤマノ]

ローマ字読み|大文字

TAMAKUSHIGE|MIMURONOYAMANO|SANAKAZURA|SANEZUHATSUHINI|ARIKATSUMASHIJI|[TAMAKUSHIGE|MIMUROTOYAMANO]

ローマ字読み|小文字

tamakushige|mimuronoyamano|sanakazura|sanezuhatsuhini|arikatsumashiji|[tamakushige|mimurotoyamano]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|恋愛|鏡王女|贈答|異伝|歌垣|枕詞|地名|植物|序詞

校異

目->自【元】【類】

寛永版本

たまくしげ,[寛]たまくしけ,
みむろのやまの,[寛]みむまとやまの,
さなかづら,[寛]さねかつら,
さねずはつひに,[寛]さねすはつゐに,
ありかつましじ,[寛]ありかてましも,
[たまくしげ,
みむろとやまの]

巻数

第2巻

作者

藤原鎌足

タイトルとURLをコピーしました