万葉集93番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集93番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集93番について

歌番号

93番

原文

玉匣|覆乎安美|開而行者|君名者雖有|吾名之惜<裳>

訓読

玉櫛笥覆ふを安み明けていなば君が名はあれど吾が名し惜しも

かな読み

たまくしげ|おほふをやすみ|あけていなば|きみがなはあれど|わがなしをしも

カタカナ読み

タマクシゲ|オホフヲヤスミ|アケテイナバ|キミガナハアレド|ワガナシヲシモ

ローマ字読み|大文字

TAMAKUSHIGE|OHOFUOYASUMI|AKETEINABA|KIMIGANAHAAREDO|WAGANASHIOSHIMO

ローマ字読み|小文字

tamakushige|ohofuoyasumi|aketeinaba|kimiganahaaredo|waganashioshimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|恋愛|藤原鎌足|娉|名前|贈答|歌垣|比喩

校異

毛->裳【元】【金】【紀】

寛永版本

たまくしげ,[寛]たまくしけ,
おほふをやすみ,[寛]ををふをやすみ,
あけていなば,[寛]あけてゆかは,
きみがなはあれど,[寛]きみかなはあれと,
わがなしをしも,[寛]わかなしをしも,

巻数

第2巻

作者

鏡王女

タイトルとURLをコピーしました