万葉集190番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集190番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集190番について

歌番号

190番

原文

真木柱|太心者|有之香杼|此吾心|鎮目金津毛

訓読

真木柱太き心はありしかどこの我が心鎮めかねつも

かな読み

まきばしら|ふときこころは|ありしかど|このあがこころ|しづめかねつも

カタカナ読み

マキバシラ|フトキココロハ|アリシカド|コノアガココロ|シヅメカネツモ

ローマ字読み|大文字

MAKIBASHIRA|FUTOKIKOKOROHA|ARISHIKADO|KONOAGAKOKORO|SHIZUMEKANETSUMO

ローマ字読み|小文字

makibashira|futokikokoroha|arishikado|konoagakokoro|shizumekanetsumo

左注|左註

右日本紀曰|三年己丑夏四月癸未朔乙未薨

事項|分類・ジャンル

挽歌|草壁皇子|柿本人麻呂|島嬥宮|殯宮挽歌|飛鳥|地名

校異

特に無し

寛永版本

まきばしら,[寛]まきはしら,
ふときこころは[寛],
ありしかど,[寛]ありしかと,
このあがこころ,[寛]このわかこころ,
しづめかねつも,[寛]しつめかねつも,

巻数

第2巻

作者

舎人

タイトルとURLをコピーしました