万葉集118番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集118番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集118番について

歌番号

118番

原文

<嘆>管|大夫之|戀礼許曽|吾髪結乃|漬而奴礼計礼

訓読

嘆きつつますらをのこの恋ふれこそ我が髪結ひの漬ちてぬれけれ

かな読み

なげきつつ|ますらをのこの|こふれこそ|わがかみゆひの|ひちてぬれけれ

カタカナ読み

ナゲキツツ|マスラヲノコノ|コフレコソ|ワガカミユヒノ|ヒチテヌレケレ

ローマ字読み|大文字

NAGEKITSUTSU|MASURAONOKONO|KOFUREKOSO|WAGAKAMIYUHINO|HICHITENUREKERE

ローマ字読み|小文字

nagekitsutsu|masuraonokono|kofurekoso|wagakamiyuhino|hichitenurekere

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大夫|恋愛

校異

歎->嘆【元】【金】|髪結【元】結髪

寛永版本

なげきつつ,[寛]なけきつつ,
ますらをのこの[寛],
こふれこそ[寛],
わがかみゆひの,[寛]わかゆふかみの,
ひちてぬれけれ[寛],

巻数

第2巻

作者

舎人娘子

タイトルとURLをコピーしました