万葉集133番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集133番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集133番について

歌番号

133番

原文

小竹之葉者|三山毛清尓|乱友|吾者妹思|別来礼婆

訓読

笹の葉はみ山もさやにさやげども我れは妹思ふ別れ来ぬれば

かな読み

ささのはは|みやまもさやに|さやげども|われはいもおもふ|わかれきぬれば

カタカナ読み

ササノハハ|ミヤマモサヤニ|サヤゲドモ|ワレハイモオモフ|ワカレキヌレバ

ローマ字読み|大文字

SASANOHAHA|MIYAMAMOSAYANI|SAYAGEDOMO|WAREHAIMOMOFU|WAKAREKINUREBA

ローマ字読み|小文字

sasanohaha|miyamamosayani|sayagedomo|warehaimomofu|wakarekinureba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|依羅娘子|離別|石見相聞歌|上京|地方官|島根|悲別

校異

特に無し

寛永版本

ささのはは[寛],
みやまもさやに[寛],
さやげども,[寛]みたれとも,
われはいもおもふ[寛],
わかれきぬれば,[寛]わかれきれは,

巻数

第2巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました