万葉集130番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集130番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集130番について

歌番号

130番

原文

丹生乃河|瀬者不渡而|由久遊久登|戀痛吾弟|乞通来祢

訓読

丹生の川瀬は渡らずてゆくゆくと恋痛し我が背いで通ひ来ね

かな読み

にふのかは|せはわたらずて|ゆくゆくと|こひたしわがせ|いでかよひこね

カタカナ読み

ニフノカハ|セハワタラズテ|ユクユクト|コヒタシワガセ|イデカヨヒコネ

ローマ字読み|大文字

NIFUNOKAHA|SEHAWATARAZUTE|YUKUYUKUTO|KOHITASHIWAGASE|IDEKAYOHIKONE

ローマ字読み|小文字

nifunokaha|sehawatarazute|yukuyukuto|kohitashiwagase|idekayohikone

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|弓削皇子|弟|恋情|川渡り|同性|恋歌|地名|贈答

校異

特に無し

寛永版本

にふのかは[寛],
せはわたらずて,[寛]せをはわたらて,
ゆくゆくと[寛],
こひたしわがせ,[寛]こひいたむわかせ,
いでかよひこね,[寛]こちかよひこね,

巻数

第2巻

作者

長皇子

タイトルとURLをコピーしました