万葉集208番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集208番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集208番について

歌番号

208番

原文

秋山之|黄葉乎茂|迷流|妹乎将求|山道不知母|[一云|路不知而]

訓読

秋山の黄葉を茂み惑ひぬる妹を求めむ山道知らずも|[一云|道知らずして]

かな読み

あきやまの|もみちをしげみ|まどひぬる|いもをもとめむ|やまぢしらずも|[みちしらずして]

カタカナ読み

アキヤマノ|モミチヲシゲミ|マドヒヌル|イモヲモトメム|ヤマヂシラズモ|[ミチシラズシテ]

ローマ字読み|大文字

AKIYAMANO|MOMICHIOSHIGEMI|MADOHINURU|IMOMOTOMEMU|YAMAJISHIRAZUMO|[MICHISHIRAZUSHITE]

ローマ字読み|小文字

akiyamano|momichioshigemi|madohinuru|imomotomemu|yamajishirazumo|[michishirazushite]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|妻|山中他界|亡妻挽歌

校異

特に無し

寛永版本

あきやまの[寛],
もみちをしげみ,[寛]もみちをしけみ,
まどひぬる,[寛]まとひぬる,
いもをもとめむ[寛],
やまぢしらずも,[寛]やまちしらすも,
[みちしらずして]

巻数

第2巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました