万葉集173番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集173番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集173番について

歌番号

173番

原文

高光|吾日皇子乃|伊座世者|嶋御門者|不荒有益乎

訓読

高照らす我が日の御子のいましせば島の御門は荒れずあらましを

かな読み

たかてらす|わがひのみこの|いましせば|しまのみかどは|あれずあらましを

カタカナ読み

タカテラス|ワガヒノミコノ|イマシセバ|シマノミカドハ|アレズアラマシヲ

ローマ字読み|大文字

TAKATERASU|WAGAHINOMIKONO|IMASHISEBA|SHIMANOMIKADOHA|AREZUARAMASHIO

ローマ字読み|小文字

takaterasu|wagahinomikono|imashiseba|shimanomikadoha|arezuaramashio

左注|左註

右日本紀曰|三年己丑夏四月癸未朔乙未薨

事項|分類・ジャンル

挽歌|草壁皇子|柿本人麻呂|島嬥宮|殯宮挽歌|飛鳥|地名

校異

特に無し

寛永版本

たかてらす[寛],
わがひのみこの,[寛]わかひのみこの,
いましせば,[寛]いましせは,
しまのみかどは,[寛]しまのみかとは,
あれずあらましを,[寛]あれさらましを,

巻数

第2巻

作者

舎人

タイトルとURLをコピーしました