万葉集100番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集100番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集100番について

歌番号

100番

原文

東人之|荷向篋乃|荷之緒尓毛|妹情尓|乗尓家留香問|[禅師]

訓読

東人の荷前の箱の荷の緒にも妹は心に乗りにけるかも|[禅師]

かな読み

あづまひとの|のさきのはこの|にのをにも|いもはこころに|のりにけるかも

カタカナ読み

アヅマヒトノ|ノサキノハコノ|ニノヲニモ|イモハココロニ|ノリニケルカモ

ローマ字読み|大文字

AZUMAHITONO|NOSAKINOHAKONO|NINONIMO|IMOHAKOKORONI|NORINIKERUKAMO

ローマ字読み|小文字

azumahitono|nosakinohakono|ninonimo|imohakokoroni|norinikerukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|石川郎女|歌垣|掛醎合媿歌|序詞

校異

問【元】【類】聞

寛永版本

あづまひとの,[寛]あつまの,
のさきのはこの[寛],
にのをにも[寛],
いもはこころに,[寛]いもかこころに,
のりにけるかも[寛],

巻数

第2巻

作者

久米禅師

タイトルとURLをコピーしました