万葉集177番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集177番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集177番について

歌番号

177番

原文

朝日弖流|佐太乃岡邊尓|群居乍|吾等哭涙|息時毛無

訓読

朝日照る佐田の岡辺に群れ居つつ我が泣く涙やむ時もなし

かな読み

あさひてる|さだのをかへに|むれゐつつ|わがなくなみた|やむときもなし

カタカナ読み

アサヒテル|サダノヲカヘニ|ムレヰツツ|ワガナクナミタ|ヤムトキモナシ

ローマ字読み|大文字

ASAHITERU|SADANOKAHENI|MUREITSUTSU|WAGANAKUNAMITA|YAMUTOKIMONASHI

ローマ字読み|小文字

asahiteru|sadanokaheni|mureitsutsu|waganakunamita|yamutokimonashi

左注|左註

右日本紀曰|三年己丑夏四月癸未朔乙未薨

事項|分類・ジャンル

挽歌|草壁皇子|柿本人麻呂|佐田岡|殯宮挽歌|飛鳥|地名

校異

特に無し

寛永版本

あさひてる[寛],
さだのをかへに,[寛]さたのをかへに,
むれゐつつ[寛],
わがなくなみた,[寛]わかなくなみた,
やむときもなし[寛],

巻数

第2巻

作者

舎人

タイトルとURLをコピーしました