万葉集104番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集104番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集104番について

歌番号

104番

原文

吾岡之|於可美尓言而|令落|雪之摧之|彼所尓塵家武

訓読

我が岡のおかみに言ひて降らしめし雪のくだけしそこに散りけむ

かな読み

わがをかの|おかみにいひて|ふらしめし|ゆきのくだけし|そこにちりけむ

カタカナ読み

ワガヲカノ|オカミニイヒテ|フラシメシ|ユキノクダケシ|ソコニチリケム

ローマ字読み|大文字

WAGAOKANO|OKAMINIIHITE|FURASHIMESHI|YUKINOKUDAKESHI|SOKONICHIRIKEMU

ローマ字読み|小文字

wagaokano|okaminiihite|furashimeshi|yukinokudakeshi|sokonichirikemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|天武天皇|贈答|掛醎合媿歌|飛鳥|地名

校異

特に無し

寛永版本

わがをかの,
おかみにいひて,
ふらしめし,
ゆきのくだけし,
そこにちりけむ

巻数

第2巻

作者

藤原夫人

タイトルとURLをコピーしました