万葉集194番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集194番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集194番について

歌番号

194番

原文

飛鳥|明日香乃河之|上瀬尓|生玉藻者|下瀬尓|流觸經|玉藻成|彼依此依|靡相之|嬬乃命乃|多田名附|柔<膚>尚乎|劔刀|於身副不寐者|烏玉乃|夜床母荒良無|[一云|<阿>礼奈牟]|所虚故|名具鮫<兼>天|氣<田>敷藻|相屋常念而|[一云|公毛相哉登]|玉垂乃|越<能>大野之|旦露尓|玉裳者埿打|夕霧尓|衣者<沾>而|草枕|旅宿鴨為留|不相君故

訓読

飛ぶ鳥の|明日香の川の|上つ瀬に|生ふる玉藻は|下つ瀬に|流れ触らばふ|玉藻なす|か寄りかく寄り|靡かひし|嬬の命の|たたなづく|柔肌すらを|剣太刀|身に添へ寝ねば|ぬばたまの|夜床も荒るらむ|[一云|荒れなむ]|そこ故に|慰めかねて|けだしくも|逢ふやと思ひて|[一云|君も逢ふやと]|玉垂の|越智の大野の|朝露に|玉藻はひづち|夕霧に|衣は濡れて|草枕|旅寝かもする|逢はぬ君故

かな読み

とぶとりの|あすかのかはの|かみつせに|おふるたまもは|しもつせに|ながれふらばふ|たまもなす|かよりかくより|なびかひし|つまのみことの|たたなづく|にきはだすらを|つるぎたち|みにそへねねば|ぬばたまの|よとこもあるらむ|[あれなむ]|そこゆゑに|なぐさめかねて|けだしくも|あふやとおもひて|[きみもあふやと]|たまだれの|をちのおほのの|あさつゆに|たまもはひづち|ゆふぎりに|ころもはぬれて|くさまくら|たびねかもする|あはぬきみゆゑ

カタカナ読み

トブトリノ|アスカノカハノ|カミツセニ|オフルタマモハ|シモツセニ|ナガレフラバフ|タマモナス|カヨリカクヨリ|ナビカヒシ|ツマノミコトノ|タタナヅク|ニキハダスラヲ|ツルギタチ|ミニソヘネネバ|ヌバタマノ|ヨトコモアルラム|[アレナム]|ソコユヱニ|ナグサメカネテ|ケダシクモ|アフヤトオモヒテ|[キミモアフヤト]|タマダレノ|ヲチノオホノノ|アサツユニ|タマモハヒヅチ|ユフギリニ|コロモハヌレテ|クサマクラ|タビネカモスル|アハヌキミユヱ

ローマ字読み|大文字

TOBUTORINO|ASUKANOKAHANO|KAMITSUSENI|OFURUTAMAMOHA|SHIMOTSUSENI|NAGAREFURABAFU|TAMAMONASU|KAYORIKAKUYORI|NABIKAHISHI|TSUMANOMIKOTONO|TATANAZUKU|NIKIHADASURAO|TSURUGITACHI|MINISOHENENEBA|NUBATAMANO|YOTOKOMOARURAMU|[ARENAMU]|SOKOYUENI|NAGUSAMEKANETE|KEDASHIKUMO|AFUYATOMOHITE|[KIMIMOAFUYATO]|TAMADARENO|OCHINOHONONO|ASATSUYUNI|TAMAMOHAHIZUCHI|YUFUGIRINI|KOROMOHANURETE|KUSAMAKURA|TABINEKAMOSURU|AHANUKIMIYUE

ローマ字読み|小文字

tobutorino|asukanokahano|kamitsuseni|ofurutamamoha|shimotsuseni|nagarefurabafu|tamamonasu|kayorikakuyori|nabikahishi|tsumanomikotono|tatanazuku|nikihadasurao|tsurugitachi|minisoheneneba|nubatamano|yotokomoaruramu|[arenamu]|sokoyueni|nagusamekanete|kedashikumo|afuyatomohite|[kimimoafuyato]|tamadareno|ochinohonono|asatsuyuni|tamamohahizuchi|yufugirini|koromohanurete|kusamakura|tabinekamosuru|ahanukimiyue

左注|左註

右或本曰|葬河嶋皇子越智野之時|獻泊瀬部皇女歌也|日本紀<云>朱鳥五年辛卯秋九月己巳朔丁丑浄大参皇子川嶋薨

事項|分類・ジャンル

挽歌|泊瀬部皇女|忍坂皇子|代作|献呈挽歌|異伝|飛鳥|地名|枕詞

校異

庸->膚【金】【矢】【京】|何->阿【類】【紀】|魚->兼【略解】|留->田【金】【類】|乃->能【金】【紀】|沽->沾【金】【温】【京】

寛永版本

とぶとりの,[寛]とふとりの,
あすかのかはの[寛],
かみつせに,[寛]のほりせに,
おふるたまもは[寛],
しもつせに,[寛]くたりせに,
ながれふらばふ,[寛]なかれふれふる,
たまもなす[寛],
かよりかくより[寛],
なびかひし,[寛]なひきあひし,
つまのみことの,[寛]いものみことの,
たたなづく,[寛]たたなつく,
にきはだすらを,[寛]やははたすらを,
つるぎたち,[寛]つるきたち,
みにそへねねば,[寛]みにそへねねは,
ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
よとこもあるらむ[寛],
[あれなむ],
そこゆゑに,[寛]そこゆへに,
なぐさめかねて,[寛]なくさめてける,
けだしくも,[寛]しきも,
あふやとおもひて,[寛]あふやととおもひて,
[きみもあふやと],
たまだれの,[寛]たまたれの,
をちのおほのの,[寛]こすのおほのの,
あさつゆに[寛],
たまもはひづち,[寛]たまもはひつち,
ゆふぎりに,[寛]ゆふきりに,
ころもはぬれて[寛],
くさまくら[寛],
たびねかもする,[寛]たひねかもする,
あはぬきみゆゑ,[寛]あはぬきみゆへ,

巻数

第2巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました