万葉集152番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集152番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集152番について

歌番号

152番

原文

八隅知之|吾期大王乃|大御船|待可将戀|四賀乃辛埼|[舎人吉年]

訓読

やすみしし我ご大君の大御船待ちか恋ふらむ志賀の唐崎|[舎人吉年]

かな読み

やすみしし|わごおほきみの|おほみふね|まちかこふらむ|しがのからさき

カタカナ読み

ヤスミシシ|ワゴオホキミノ|オホミフネ|マチカコフラム|シガノカラサキ

ローマ字読み|大文字

YASUMISHISHI|WAGOHOKIMINO|OHOMIFUNE|MACHIKAKOFURAMU|SHIGANOKARASAKI

ローマ字読み|小文字

yasumishishi|wagohokimino|ohomifune|machikakofuramu|shiganokarasaki

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|天智天皇|近江朝挽歌|殯宮|滋賀|地名|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

やすみしし[寛],
わごおほきみの,[寛]わかおほきみの,
おほみふね[寛],
まちかこふらむ,[寛]まちかこひなむ,
しがのからさき,[寛]しかのからさき,

巻数

第2巻

作者

舎人吉年

タイトルとURLをコピーしました