万葉集154番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集154番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集154番について

歌番号

154番

原文

神樂浪乃|大山守者|為誰<可>|山尓標結|君毛不有國

訓読

楽浪の大山守は誰がためか山に標結ふ君もあらなくに

かな読み

ささなみの|おほやまもりは|たがためか|やまにしめゆふ|きみもあらなくに

カタカナ読み

ササナミノ|オホヤマモリハ|タガタメカ|ヤマニシメユフ|キミモアラナクニ

ローマ字読み|大文字

SASANAMINO|OHOYAMAMORIHA|TAGATAMEKA|YAMANISHIMEYUFU|KIMIMOARANAKUNI

ローマ字読み|小文字

sasanamino|ohoyamamoriha|tagatameka|yamanishimeyufu|kimimoaranakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|天智天皇|悲賖牫|大津|滋賀県|地名

校異

->可【金】【類】【古】

寛永版本

ささなみの[寛],
おほやまもりは[寛],
たがためか,[寛]たかためか,
やまにしめゆふ[寛],
きみもあらなくに,[寛]きみもまさなくに,

巻数

第2巻

作者

石川夫人

タイトルとURLをコピーしました