万葉集117番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集117番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集117番について

歌番号

117番

原文

大夫哉|片戀将為跡|嘆友|鬼乃益卜雄|尚戀二家里

訓読

ますらをや片恋せむと嘆けども醜のますらをなほ恋ひにけり

かな読み

ますらをや|かたこひせむと|なげけども|しこのますらを|なほこひにけり

カタカナ読み

マスラヲヤ|カタコヒセムト|ナゲケドモ|シコノマスラヲ|ナホコヒニケリ

ローマ字読み|大文字

MASURAOYA|KATAKOHISEMUTO|NAGEKEDOMO|SHIKONOMASURAO|NAHOKOHINIKERI

ローマ字読み|小文字

masuraoya|katakohisemuto|nagekedomo|shikonomasurao|nahokohinikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大夫|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

ますらをや[寛],
かたこひせむと[寛],
なげけども,[寛]なけけとも,
しこのますらを[寛],
なほこひにけり[寛],

巻数

第2巻

作者

舎人皇子

タイトルとURLをコピーしました