万葉集216番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集216番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集216番について

歌番号

216番

原文

家来而|吾屋乎見者|玉床之|外向来|妹木枕

訓読

家に来て我が屋を見れば玉床の外に向きけり妹が木枕

かな読み

いへにきて|わがやをみれば|たまどこの|ほかにむきけり|いもがこまくら

カタカナ読み

イヘニキテ|ワガヤヲミレバ|タマドコノ|ホカニムキケリ|イモガコマクラ

ローマ字読み|大文字

IHENIKITE|WAGAYAOMIREBA|TAMADOKONO|HOKANIMUKIKERI|IMOGAKOMAKURA

ローマ字読み|小文字

ihenikite|wagayaomireba|tamadokono|hokanimukikeri|imogakomakura

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|妻|異伝|亡妻挽歌

校異

特に無し

寛永版本

いへにきて[寛],
わがやをみれば,[寛]わかやをみれは,
たまどこの,[寛]たまゆかの,
ほかにむきけり,[寛]おかにむきける,
いもがこまくら,[寛]いもかこまくら,

巻数

第2巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました