万葉集116番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集116番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集116番について

歌番号

116番

原文

人事乎|繁美許知痛美|己世尓|未渡|朝川渡

訓読

人言を繁み言痛みおのが世にいまだ渡らぬ朝川渡る

かな読み

ひとごとを|しげみこちたみ|おのがよに|いまだわたらぬ|あさかはわたる

カタカナ読み

ヒトゴトヲ|シゲミコチタミ|オノガヨニ|イマダワタラヌ|アサカハワタル

ローマ字読み|大文字

HITOGOTO|SHIGEMIKOCHITAMI|ONOGAYONI|IMADAWATARANU|ASAKAHAWATARU

ローマ字読み|小文字

hitogoto|shigemikochitami|onogayoni|imadawataranu|asakahawataru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|穂積皇子|恋愛|密通|歌語り|川渡り|尫柜蹋|人言

校異

特に無し

寛永版本

ひとごとを,[寛]ひとことを,
しげみこちたみ,[寛]しけみこちたみ,
おのがよに,[寛]おのかよに,
いまだわたらぬ,[寛]いまたわたらぬ,
あさかはわたる[寛],

巻数

第2巻

作者

但馬皇女

タイトルとURLをコピーしました