万葉集161番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集161番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集161番について

歌番号

161番

原文

向南山|陳雲之|青雲之|星離去|月<矣>離而

訓読

北山にたなびく雲の青雲の星離り行き月を離れて

かな読み

きたやまに|たなびくくもの|あをくもの|ほしさかりゆき|つきをはなれて

カタカナ読み

キタヤマニ|タナビククモノ|アヲクモノ|ホシサカリユキ|ツキヲハナレテ

ローマ字読み|大文字

KITAYAMANI|TANABIKUKUMONO|AOKUMONO|HOSHISAKARIYUKI|TSUKIOHANARETE

ローマ字読み|小文字

kitayamani|tanabikukumono|aokumono|hoshisakariyuki|tsukiohanarete

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|天武天皇|難解|一書

校異

牟->矣【金】【紀】

寛永版本

きたやまに,[寛]きたやまの,
たなびくくもの,[寛]たなひくくもの,
あをくもの[寛],
ほしさかりゆき,[寛]ほしわかれゆき,
つきをはなれて,[寛]つきもわかれて,

巻数

第2巻

作者

持統天皇

タイトルとURLをコピーしました