万葉集156番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集156番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集156番について

歌番号

156番

原文

三諸之|神之神須疑|已具耳矣自得見監乍共|不寝夜叙多

訓読

みもろの神の神杉已具耳矣自得見監乍共寝ねぬ夜ぞ多き

かな読み

みもろの|かみのかむすぎ|*****|*******|いねぬよぞおほき

カタカナ読み

ミモロノ|カミノカムスギ|*****|*******|イネヌヨゾオホキ

ローマ字読み|大文字

MIMORONO|KAMINOKAMUSUGI|*****|*******|INENUYOZOHOKI

ローマ字読み|小文字

mimorono|kaminokamusugi|*****|*******|inenuyozohoki

左注|左註

紀曰七年<戊>寅夏四月丁亥朔癸巳十市皇女卒然病發薨於宮中

事項|分類・ジャンル

挽歌|十市皇女|難訓|夢|復活|三輪山|奈良|地名

校異

特に無し

寛永版本

みもろの,[寛]みもろのや,
かみのかむすぎ,[寛]かみのかみすき,
*****,[寛]いくにをしと,
*******,[寛]みけむつつとも,
いねぬよぞおほき,[寛]ねぬよそおほき,

巻数

第2巻

作者

高市皇子

タイトルとURLをコピーしました