万葉集200番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集200番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集200番について

歌番号

200番

原文

久堅之|天所知流|君故尓|日月毛不知|戀渡鴨

訓読

ひさかたの天知らしぬる君故に日月も知らず恋ひわたるかも

かな読み

ひさかたの|あめしらしぬる|きみゆゑに|ひつきもしらず|こひわたるかも

カタカナ読み

ヒサカタノ|アメシラシヌル|キミユヱニ|ヒツキモシラズ|コヒワタルカモ

ローマ字読み|大文字

HISAKATANO|AMESHIRASHINURU|KIMIYUENI|HITSUKIMOSHIRAZU|KOHIWATARUKAMO

ローマ字読み|小文字

hisakatano|ameshirashinuru|kimiyueni|hitsukimoshirazu|kohiwatarukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|高市皇子|殯宮|飛鳥|地名

校異

特に無し

寛永版本

ひさかたの[寛],
あめしらしぬる,[寛]あめにしらるる,
きみゆゑに[寛],
ひつきもしらず,[寛]ひつきもしらす,
こひわたるかも[寛],

巻数

第2巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました