万葉集222番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集222番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集222番について

歌番号

222番

原文

奥波|来依荒礒乎|色妙乃|枕等巻而|奈世流君香聞

訓読

沖つ波来寄る荒礒を敷栲の枕とまきて寝せる君かも

かな読み

おきつなみ|きよるありそを|しきたへの|まくらとまきて|なせるきみかも

カタカナ読み

オキツナミ|キヨルアリソヲ|シキタヘノ|マクラトマキテ|ナセルキミカモ

ローマ字読み|大文字

OKITSUNAMI|KIYORUARISO|SHIKITAHENO|MAKURATOMAKITE|NASERUKIMIKAMO

ローマ字読み|小文字

okitsunami|kiyoruariso|shikitaheno|makuratomakite|naserukimikamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|石中死人|行路死人|羈旅|香川|沙弥島|地名

校異

特に無し

寛永版本

おきつなみ[寛],
きよるありそを,[寛]きよるあらいそを,
しきたへの[寛],
まくらとまきて[寛],
なせるきみかも[寛],

巻数

第2巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました