万葉集170番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集170番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集170番について

歌番号

170番

原文

嶋宮|勾乃池之|放鳥|人目尓戀而|池尓不潜

訓読

嶋の宮まがりの池の放ち鳥人目に恋ひて池に潜かず

かな読み

しまのみや|まがりのいけの|はなちとり|ひとめにこひて|いけにかづかず

カタカナ読み

シマノミヤ|マガリノイケノ|ハナチトリ|ヒトメニコヒテ|イケニカヅカズ

ローマ字読み|大文字

SHIMANOMIYA|MAGARINOIKENO|HANACHITORI|HITOMENIKOHITE|IKENIKAZUKAZU

ローマ字読み|小文字

shimanomiya|magarinoikeno|hanachitori|hitomenikohite|ikenikazukazu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|草壁皇子|殯宮挽歌|或本|異伝|飛鳥|地名

校異

特に無し

寛永版本

しまのみや[寛],
まがりのいけの,[寛]まかりのいけの,
はなちとり[寛],
ひとめにこひて[寛],
いけにかづかず,[寛]いけにかつかす,

巻数

第2巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました