万葉集198番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集198番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集198番について

歌番号

198番

原文

明日香川|明日谷|[一云|左倍]|将見等|念八方|[一云|念香毛]|吾王|御名忘世奴|[一云|御名不所忘]

訓読

明日香川明日だに|[一云|さへ]|見むと思へやも|[一云|思へかも]|我が大君の御名忘れせぬ|[一云|御名忘らえぬ]

かな読み

あすかがは|あすだに[さへ]みむと|おもへやも|[おもへかも]|わがおほきみの|みなわすれせぬ|[みなわすらえぬ]

カタカナ読み

アスカガハ|アスダニ[サヘ]ミムト|オモヘヤモ|[オモヘカモ]|ワガオホキミノ|ミナワスレセヌ|[ミナワスラエヌ]

ローマ字読み|大文字

ASUKAGAHA|ASUDANI[SAHE]MIMUTO|OMOHEYAMO|[OMOHEKAMO]|WAGAOHOKIMINO|MINAWASURESENU|[MINAWASURAENU]

ローマ字読み|小文字

asukagaha|asudani[sahe]mimuto|omoheyamo|[omohekamo]|wagaohokimino|minawasuresenu|[minawasuraenu]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|明日香皇女|殯宮|飛鳥|地名

校異

特に無し

寛永版本

あすかがは,[寛]あすかかは,
あすだに[さへ]みむと,[寛]あすたにみむと,
おもへやも[寛],
[おもへかも],
わがおほきみの,[寛]わかおほきみの,
みなわすれせぬ[寛],
[みなわすらえぬ],

巻数

第2巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました