万葉集103番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集103番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集103番について

歌番号

103番

原文

吾里尓|大雪落有|大原乃|古尓之郷尓|落巻者後

訓読

我が里に大雪降れり大原の古りにし里に降らまくは後

かな読み

わがさとに|おほゆきふれり|おほはらの|ふりにしさとに|ふらまくはのち

カタカナ読み

ワガサトニ|オホユキフレリ|オホハラノ|フリニシサトニ|フラマクハノチ

ローマ字読み|大文字

WAGASATONI|OHOYUKIFURERI|OHOHARANO|FURINISHISATONI|FURAMAKUHANOCHI

ローマ字読み|小文字

wagasatoni|ohoyukifureri|ohoharano|furinishisatoni|furamakuhanochi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|藤原夫人|贈答|掛醎合媿歌|飛鳥|地名

校異

特に無し

寛永版本

わがさとに,[寛]わかさとに,
おほゆきふれり[寛],
おほはらの[寛],
ふりにしさとに[寛],
ふらまくはのち[寛],

巻数

第2巻

作者

天武天皇

タイトルとURLをコピーしました