万葉集102番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集102番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集102番について

歌番号

102番

原文

玉葛|花耳開而|不成有者|誰戀尓有目|吾孤悲念乎

訓読

玉葛花のみ咲きてならずあるは誰が恋にあらめ我れ恋ひ思ふを

かな読み

たまかづら|はなのみさきて|ならずあるは|たがこひにあらめ|あはこひもふを

カタカナ読み

タマカヅラ|ハナノミサキテ|ナラズアルハ|タガコヒニアラメ|アハコヒモフヲ

ローマ字読み|大文字

TAMAKAZURA|HANANOMISAKITE|NARAZUARUHA|TAGAKOHINIARAME|AHAKOHIMOFUO

ローマ字読み|小文字

tamakazura|hananomisakite|narazuaruha|tagakohiniarame|ahakohimofuo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴安麻呂|掛醎合媿歌|植物|比喩

校異

特に無し

寛永版本

たまかづら,[寛]たまかつら,
はなのみさきて[寛],
ならずあるは,[寛]ならすあるは,
たがこひにあらめ,[寛]たかこひにあらめ,
あはこひもふを,[寛]わかこひおもふを,

巻数

第2巻

作者

巨勢郎女

タイトルとURLをコピーしました