万葉集202番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集202番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集202番について

歌番号

202番

原文

哭澤之|神社尓三輪須恵|雖祷祈|我王者|高日所知奴

訓読

哭沢の神社に三輪据ゑ祈れども我が大君は高日知らしぬ

かな読み

なきさはの|もりにみわすゑ|いのれども|わがおほきみは|たかひしらしぬ

カタカナ読み

ナキサハノ|モリニミワスヱ|イノレドモ|ワガオホキミハ|タカヒシラシヌ

ローマ字読み|大文字

NAKISAHANO|MORINIMIWASUE|INOREDOMO|WAGAOHOKIMIHA|TAKAHISHIRASHINU

ローマ字読み|小文字

nakisahano|morinimiwasue|inoredomo|wagaohokimiha|takahishirashinu

左注|左註

右一首類聚歌林曰|桧隈女王怨泣澤神社之歌也|案日本紀<云>十年丙申秋七月辛丑朔庚戌後<皇子>尊薨

事項|分類・ジャンル

挽歌|高市皇子|殯宮|飛鳥|地名

校異

特に無し

寛永版本

なきさはの[寛],
もりにみわすゑ[寛],
いのれども,[寛]いのれとも,
わがおほきみは,[寛]わかおほきみは,
たかひしらしぬ[寛],

巻数

第2巻

作者

桧隈女王

タイトルとURLをコピーしました