万葉集225番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集225番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集225番について

歌番号

225番

原文

直相者|相不勝|石川尓|雲立渡礼|見乍将偲

訓読

直の逢ひは逢ひかつましじ石川に雲立ち渡れ見つつ偲はむ

かな読み

ただのあひは|あひかつましじ|いしかはに|くもたちわたれ|みつつしのはむ

カタカナ読み

タダノアヒハ|アヒカツマシジ|イシカハニ|クモタチワタレ|ミツツシノハム

ローマ字読み|大文字

TADANOAHIHA|AHIKATSUMASHIJI|ISHIKAHANI|KUMOTACHIWATARE|MITSUTSUSHINOHAMU

ローマ字読み|小文字

tadanoahiha|ahikatsumashiji|ishikahani|kumotachiwatare|mitsutsushinohamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|柿本人麻呂|臨死|島根|歌語り|虚構|地名

校異

特に無し

寛永版本

ただのあひは,[寛]たたにあはは,
あひかつましじ,[寛]あひもかねてむ,
いしかはに[寛],
くもたちわたれ[寛],
みつつしのはむ[寛],

巻数

第2巻

作者

妻依羅娘子

タイトルとURLをコピーしました