万葉集145番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集145番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集145番について

歌番号

145番

原文

鳥翔成|有我欲比管|見良目杼母|人社不知|松者知良武

訓読

鳥翔成あり通ひつつ見らめども人こそ知らね松は知るらむ

かな読み

あまがけり|ありがよひつつ|みらめども|ひとこそしらね|まつはしるらむ

カタカナ読み

アマガケリ|アリガヨヒツツ|ミラメドモ|ヒトコソシラネ|マツハシルラム

ローマ字読み|大文字

AMAGAKERI|ARIGAYOHITSUTSU|MIRAMEDOMO|HITOKOSOSHIRANE|MATSUHASHIRURAMU

ローマ字読み|小文字

amagakeri|arigayohitsutsu|miramedomo|hitokososhirane|matsuhashiruramu

左注|左註

右件歌等雖不挽柩之時所作<准>擬歌意|故以載于挽歌類焉

事項|分類・ジャンル

挽歌|追和|長意吉麻呂|有間皇子|結び松|宴席|行幸|難訓|植物

校異

特に無し

寛永版本

あまがけり,[寛]とりはなす,
ありがよひつつ,[寛]ありかよひつつ,
みらめども,[寛]みらめとも,
ひとこそしらね[寛],
まつはしるらむ[寛],

巻数

第2巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました