万葉集185番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集185番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集185番について

歌番号

185番

原文

水傳|礒乃浦廻乃|石<上>乍自|木丘開道乎|又将見鴨

訓読

水伝ふ礒の浦廻の岩つつじ茂く咲く道をまたも見むかも

かな読み

みなつたふ|いそのうらみの|いはつつじ|もくさくみちを|またもみむかも

カタカナ読み

ミナツタフ|イソノウラミノ|イハツツジ|モクサクミチヲ|マタモミムカモ

ローマ字読み|大文字

MINATSUTAFU|ISONORAMINO|IHATSUTSUJI|MOKUSAKUMICHIO|MATAMOMIMUKAMO

ローマ字読み|小文字

minatsutafu|isonoramino|ihatsutsuji|mokusakumichio|matamomimukamo

左注|左註

右日本紀曰|三年己丑夏四月癸未朔乙未薨

事項|分類・ジャンル

挽歌|草壁皇子|柿本人麻呂|島嬥宮|殯宮挽歌|飛鳥|地名

校異

->上【金】【類】【紀】

寛永版本

みなつたふ,[寛]みなつての,
いそのうらみの,[寛]いそのうらわの,
いはつつじ,[寛]いはつつし,
もくさくみちを[寛],
またもみむかも[寛],

巻数

第2巻

作者

舎人

タイトルとURLをコピーしました