万葉集231番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集231番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集231番について

歌番号

231番

原文

高圓之|野邊乃秋芽子|徒|開香将散|見人無尓

訓読

高円の野辺の秋萩いたづらに咲きか散るらむ見る人なしに

かな読み

たかまとの|のへのあきはぎ|いたづらに|さきかちるらむ|みるひとなしに

カタカナ読み

タカマトノ|ノヘノアキハギ|イタヅラニ|サキカチルラム|ミルヒトナシニ

ローマ字読み|大文字

TAKAMATONO|NOHENOAKIHAGI|ITAZURANI|SAKIKACHIRURAMU|MIRUHITONASHINI

ローマ字読み|小文字

takamatono|nohenoakihagi|itazurani|sakikachiruramu|miruhitonashini

左注|左註

?右歌笠朝臣金村歌集出

事項|分類・ジャンル

挽歌|霊亀1年9月年紀|志貴皇子|奈良|地名|植物

校異

特に無し

寛永版本

たかまとの[寛],
のへのあきはぎ,[寛]のへのあきはき,
いたづらに,[寛]いたつらに,
さきかちるらむ[寛],
みるひとなしに[寛],

巻数

第2巻

作者

笠金村

タイトルとURLをコピーしました