万葉集141番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集141番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集141番について

歌番号

141番

原文

磐白乃|濱松之枝乎|引結|真幸有者|亦還見武

訓読

磐白の浜松が枝を引き結びま幸くあらばまた帰り見む

かな読み

いはしろの|はままつがえを|ひきむすび|まさきくあらば|またかへりみむ

カタカナ読み

イハシロノ|ハママツガエヲ|ヒキムスビ|マサキクアラバ|マタカヘリミム

ローマ字読み|大文字

IHASHIRONO|HAMAMATSUGAEO|HIKIMUSUBI|MASAKIKUARABA|MATAKAHERIMIMU

ローマ字読み|小文字

ihashirono|hamamatsugaeo|hikimusubi|masakikuaraba|matakaherimimu

左注|左註

右件歌等雖不挽柩之時所作<准>擬歌意|故以載于挽歌類焉

事項|分類・ジャンル

挽歌|結び松|自傷|歌語り|謀反|羈旅|鎮魂|和歌山|地名

校異

特に無し

寛永版本

いはしろの,[寛]いはしろ,
はままつがえを,[寛]はままつかえを,
ひきむすび,[寛]ひきむすひ,
まさきくあらば,[寛]まさきくあらは,
またかへりみむ[寛],

巻数

第2巻

作者

有間皇子

タイトルとURLをコピーしました