万葉集212番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集212番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集212番について

歌番号

212番

原文

衾道乎|引手乃山尓|妹乎置而|山徑徃者|生跡毛無

訓読

衾道を引手の山に妹を置きて山道を行けば生けりともなし

かな読み

ふすまぢを|ひきでのやまに|いもをおきて|やまぢをゆけば|いけりともなし

カタカナ読み

フスマヂヲ|ヒキデノヤマニ|イモヲオキテ|ヤマヂヲユケバ|イケリトモナシ

ローマ字読み|大文字

FUSUMAJIO|HIKIDENOYAMANI|IMOOKITE|YAMAJIOYUKEBA|IKERITOMONASHI

ローマ字読み|小文字

fusumajio|hikidenoyamani|imookite|yamajioyukeba|ikeritomonashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|妻|亡妻挽歌

校異

特に無し

寛永版本

ふすまぢを,[寛]ふすまちを,
ひきでのやまに,[寛]ひきてのやまに,
いもをおきて[寛],
やまぢをゆけば,[寛]やまちをゆけは,
いけりともなし[寛],

巻数

第2巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました