万葉集227番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集227番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集227番について

歌番号

227番

原文

天離|夷之荒野尓|君乎置而|念乍有者|生刀毛無

訓読

天離る鄙の荒野に君を置きて思ひつつあれば生けるともなし

かな読み

あまざかる|ひなのあらのに|きみをおきて|おもひつつあれば|いけるともなし

カタカナ読み

アマザカル|ヒナノアラノニ|キミヲオキテ|オモヒツツアレバ|イケルトモナシ

ローマ字読み|大文字

AMAZAKARU|HINANOARANONI|KIMIOKITE|OMOHITSUTSUAREBA|IKERUTOMONASHI

ローマ字読み|小文字

amazakaru|hinanoaranoni|kimiokite|omohitsutsuareba|ikerutomonashi

左注|左註

右一首歌作者未詳|但古本以此歌載於此次也

事項|分類・ジャンル

柿本人麻呂|臨死|異伝|歌語り

校異

特に無し

寛永版本

あまざかる,[寛]あまさかる,
ひなのあらのに[寛],
きみをおきて[寛],
おもひつつあれば,[寛]おもひつつあれは,
いけるともなし,[寛]いけりともなし,

巻数

第2巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました